訪問先 / 株式会社ウスイ消防
代 表 / 代表取締役社長 臼井 潔

今回の経営者訪問は、消防の事であれば何でもそろう株式会社ウスイ消防 代表取締役社長 臼井 潔様にお話をお伺いしました。

 
【オーダーメイド】
 消防署や消防団で使用している、はしご車、ポンプ車、小型ポンプ、ホース等の製造、販売、修理、加工を行っているのですが、この会社の特徴は、消防団が使用する積載車を自社工場で造っていること。
 
 実際使用する方々の要望を聞き、地域や場所に合った積載車をオーダーメイド造り上げていく、臼井社長曰く「同じ物は一つも無いんです」と。 
 
【使命感】
  また、売りっぱなしでは無く、メンテナンスにも力を入れ、年一回の点検は無料で行っている。ここまでするのは、「使命感」だと臼井社長は言う。
 いざという時にポンプ車や機械がしっかり機能して、早く火災を消火し、人命救助の一助となりたいとのこと。   
 
 
 
 
 
 
 
 

【在平素(ありへいそ)】
 好きな言葉は「在平素(ありへいそ)」。
この言葉は創業者の故臼井辰雄氏がとても大切にしていた言葉である。
 
 「すべてが平素にある」、つまり「一時的な努力や時流にのって背伸びするのではなく、地味でも日頃から努力と研究を重ね、時勢に流されることなく着実にやるべき事をやる」。
 
 また、創業者の口癖が「商売は牛のよだれのごとく」であった。細く、長く、粘り強く継続していく事が大切である。この言葉をいつも頭に描き行動している。 

 

「全員参加型経営」
  社会情勢や景気の動向によって右往左往することなく、企業として永遠に安定した経営を続けるには、「社員のやる気」を経営者が引き出せるかだと臼井社長は言う。
 
 会社は経営者や株主のものでは無く、従業員やその家族、顧客や地域など、その企業にかかわるすべての人々のもの。その中でも社員とその社員を支える家族の幸せを追求し実現する事が「社員のやる気」に繋がってくる。こうした経営者の考え方を従業員と共有する事が大切である。社長が突き進む道を示し、経営者と従業員がスクラムを組んで進む。

 全社員が経営者のつもりで会社の事を考えていく、「全員参加型経営」を目指す事で強い会社に生まれ変わると臼井社長は語る。 
 
 広報委員長 藤岡 功
 
 
 
 <会社概要>
商 号:株式会社ウスイ消防
創 業:昭和3年10月5日
創 立:昭和46年9月1日
資本金:1000万円
代表者:臼井 潔
従業員:26人
事業内容
 消防用機械器具の製造・販売・修理・加工
 消防用設備設計・施工・保守
 消防用服装品販売
 災害防止用品販売
 その他上記に付帯する関連する一切の事業
事務所
(本    社) 岐阜市金園町3丁目25番地 TEL 058-262-2106
(大垣営業所) 大垣市青柳町2丁目157番地
(工    場) 岐阜市柳津町上佐波西1丁目177番地
 
 
 
 
主要取引先
 岐阜県庁・岐阜県警・県下各市町村役場・消防本部・消防団・県下国出先機関及び県出先機関・学校・病院・組合・団体・町内会・工場・事業所全般
 愛知・三重・富山・石川・福井・岐阜各県の主要業者
表 彰:平成6年10月26日 消防庁長官表彰  長年にわたる消防設備維持管理業の功績により
特 許:消防ポンプ車載ユニット 登録番号 特許第3929954号

写真向かって【右】臼井潔氏、【左】藤岡功