会報 「篝火」  2013 春季号 No.132

・平成25年度定時総会のご案内
・税務署コーナー
・納税表彰
・経営者訪問 ~有限会社長良園芸 安藤正彦氏~
・ブロック合同講演会 古賀茂明氏
・運営研究会コーナー
・委員会あらかると ~タックスフェスティバル2012~
・岐阜よもやま話 No.01
・支部だよりあれこれ
・税務研究会コーナー
・青年部会コーナー
・女性部会コーナー
・新入会員紹介
・定時総会出欠ハガキ・委任状の記入方法
・編集後記
・会員限定サービスのご案内

 

<表紙の写真>
 
シャクヤク(芍薬)
Paeonia lactiflora

 「立てばシャクヤク、座ればボタン、歩く姿はユリの花」

 美しい女性の立ち居振る舞いを表現した言葉である。これは江戸時代後期に出版された洒落本や滑稽本と称される娯楽雑誌のような本に記されたのが始まりと言われる。

 そのシャクヤクの花は大きく華やかで美しい。ボタンより清楚、細めの茎を真っ直ぐに伸ばし上を向いて咲く姿が美人の立ち姿に似ると言っているのである。今の時代には通用する表現ではないが先人達はそれぞれの思いを花に重ね合わせながら豊な心で暮らしていた事が伺える。

 そのシャクヤクは全国各地の庭に植えられているが日本原産の植物ではない。原産地は中国北部からシベリア。奈良、平安時代に薬草として渡来し「ヱビスグスリ」の名で広まった。その後室町時代に美しい花は観賞用に植えられるようになった。更に江戸時代後期には品種改良が進み100種以上の品種があったと記されている。

 今日、これらの品種は海外にも輸出され、世界各地の庭で咲き誇っている。

(有)長良園芸 安藤 正彦

<写真提供>
有限会社長良園芸
岐阜県岐阜市長良堀田903
TEL:058-231-6050  FAX:058-231-6053
定休日:第1・第3火曜日
http://www.nagaraengei.com/